Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

ガストのメニュー「蟹爪クリームコロッケ」

ガスト「蟹爪クリームコロッケ」

ガスト 蟹爪クリームコロッケ
上の写真は「蟹爪クリームコロッケ」です。

■ガスト情報内を検索



ガスト情報
販売期間・価格・カロリー・塩分・原産地
ガストの紅ズワイガニのクリームコロッケ
ガスト情報蟹爪クリームコロッケ

紅ズワイガニを解説

ご当地グルメグランプリへ戻る
ご当地グルメ旅へ戻る
フェアメニューへ戻る
最初に戻る


ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ価格・カロリー・塩分・原産地

カロリーと塩分、原産地はガストのメニューに書いてあったもです。

※販売期間
2019年3月7日〜2019年5月15日(食べた日:2019年3月12日)

※価格:税込215円(8%)、219円(10%)。264kcal/塩分0.8g。
原産地:カニ⇒鳥取県境港市。

紅ズワイガニのクリームコロッケ
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ


※販売期間
2019年11月21日〜2020年2月12日(食べた日:2019年11月22日)
メニュー名が「紅ズワイガニのクリームコロッケ」から「蟹爪クリームコロッケ」に変更になりました。

蟹爪クリームコロッケのみの販売はありません。
帯広風豚丼と蟹爪クリームコロッケの和膳(とろろ付き)[とろろ・味噌汁・漬物付き]」での販売のみです。
ガスト 帯広風豚丼

帯広風豚丼と蟹爪クリームコロッケの和膳の価格:税込1,098円(10%)。

ガスト情報


ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケガスト「紅ズワイガニのクリームコロッケ」

店員さんが持って来た時、油の揚がった匂いがする、ガストの紅ズワイガニのクリームコロッケ。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

ガストのメニューの写真には、大きなカニの爪!!
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

アジフライの、アジのしっぽではありません。紅ズワイガニの蟹の爪です。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

紅ズワイガニのクリームコロッケをナイフで切った写真です。白いクリームばかりだけど、赤いカニの身がありました(青丸部分)。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

紅ズワイガニのクリームコロッケをナイフで半分に切ると、衣が動いて、蟹の爪が出てきました。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

サクサクした衣に、グラタンのクリームソースのような味の中に蟹の味がします。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

紅ズワイガニのクリームコロッケをタルタルソースで食べると、サラサクサクした衣に、トロ〜り食感、マヨネーズのようなタルタルソースの味で美味しいです。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

蟹の爪です。身は、殆どなく、固いカラばかり・・・
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

紅ズワイガニのクリームコロッケの下には、千切りキャベツがあります。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

水っぽくて、和風ドレッシングで少し酸っぱい千切りキャべツだけど、タルタルソースのマヨネーズ味で美味しいです。
ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ

ガスト情報


ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ蟹爪クリームコロッケ

見た目は「紅ズワイガニのクリームコロッケ」と同じような「蟹爪クリームコロッケ」ですが、よく見ると、衣(クリームコロッケ)の部分が大きい(太い)です。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

サクサク衣で、とろ〜りタルタルソースと蟹の味がする蟹爪クリームコロッケ。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

衣の中からは、たくさんのクリームが・・・・・。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

小さな蟹の爪。食べてみると、爪の部分がカリカリして、濃厚なエビの味で美味しいです。海老の、しっぽを食べているようです。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

蟹爪クリームコロッケの下の千切りキャベツには、和風ドレッシングが、かけてあります。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

水っぽい千切りキャベツだけど、タルタルソースのマヨネーズ味と、ドレッシングの酸っぱい味がします。
ガスト 蟹爪クリームコロッケ

蟹爪クリームコロッケを食べる人は、爪の部分は食べない人が多いですが、美味しいので、ぜひ、食べましょう。

ガスト情報


ガスト 紅ズワイガニのクリームコロッケ紅ズワイガニのクリームコロッケとは・・・

紅ズワイガニについて、ネットで調べてみました。

ガストのメニューには「鳥取県境港産紅ズワイガニ使用」と書いてあります。鳥取県境港市は紅ズワイガニの水揚げが日本一なのです。

鳥取県境港市をGoogleMapで見ると下の地図の青い矢印の先になります。
鳥取県境港市

「紅ズワイガニ」とは別に「ズワイガニ」という蟹もあります。ズワイガニは、山陰では「松葉ガニ」、北陸では「越前ガニ」と呼ばれている蟹です。
蟹は、茹でる前は赤い色をしていませんが、紅ズワイガニは茹でる前から、赤っぽい色をしているので「紅ズワイガニ」と呼ばれるそうです。

紅ズワイガニの身は水分が多く、身の量が、ズワイガニより少ないので価格が安いです。

ズワイガニの漁獲が行われる時期は冬が多いですが、紅ズワイガニは秋から春と時期が長く、ズワイガニより価格が安い事もあり、シューマイなどの冷凍食品、カニクリームコロッケなど、加工用に多く使われます。

紅ズワイガニの価格など詳しい事は下の画像をクリック(タップ)して下さい。
紅ズワイガニ

※2019年11月21日から販売になった「蟹爪クリームコロッケ」には「紅ズワイガニ」と書いていないので、ズワイガニは使っていないと思います。


ガスト情報
ガスト情報
ガスト ご当地グルメ旅
ガスト・フェアメニュー
ガスト・最初に戻る